出張デパート ~ショッピングしませんか?~

11月18日(土)
どんどん寒くなってきましたので、出張デパートで特養の利用者様に買い物を楽しんでいただきました。
午後1時頃から、定期的に来て頂いている出張デパート「フルカウント」さんに出店準備(冬服・肌着・靴・小物など)をしてもらい午後2時から4時の間で利用者様に買い物を楽しんでいただきました。

利用者様の色々な服を選ぶ姿・鏡を見る姿は、とても真剣な眼差しでした。

FB9802B5-A584-45DE-9698-6CE0E642A83F

ご来場ありがとうございました。だんけふれあいフェスティバル 11月3日

快晴により、400名以上の来場者がありました。
ご来場いただいた皆様ありがとうございました。

H29 DFF(風景)
H29 DFF(模擬店風景②)

たこ焼き・焼きそば・お好み焼きを焼き続けました~
ガラガラ抽選の券も午前中で予定していた300枚配布終了です。

H29 DFF(模擬店風景③)
家族会によるカレー販売美味しかったですよ!
H29 DFF(移動動物園)
毎年恒例になりました移動動物園も大盛況でした。
今年の主役はロバで小さいお子様はロバの背中にまたがって写真撮影の場面も。ちなみに昨年はアルパカでした。
H29 DFF(バザー、スライム、シュシュ)
ワークショップでは、スライム・シュシュ作りを行いました。
掘り出し物いっぱいのバザー会場と同じ場所だったので、多くの人で賑わっていました。
H29 DFF(ハンドスピナー、縁日)
南駐車場では、手作りハンドスピナー体験や輪投げ・ストラックアウト・スマートボールを楽しんで頂きました。
H29 DFF(ステージ①)

ステージでは、十三中学校吹奏楽部にオープニングで演奏をして頂きました。
迫力のある演奏に利用者・来場者の方々も手拍子をして聞かれていました。
その後も、特養利用者による『高原列車は行く』の合唱、ポレポレメンバーによる唱歌、Y&スターダストによる演芸会、アロアロフラスタジオによるフランダンスがありました。
また、手作りハンドスピナー大会や玉入れ大会で盛り上がりました。

今回も多くのボランティアの方々にご協力頂き本当に助かりました。
ありがとうございました。

来年も皆様のお越しをお待ちしております。
                   だんけふれあいフェスティバル実行委員会

準備完了‼ だんけふれあいフェスティバル

11月2日 だんけふれあいフェスティバルの準備を職員総出で行いました。
だんけふれあいフェスティバル実行委員中心に、地域の皆様・暖気の苑ご利用者(ご家族)に楽しんで頂けるイベント作りを目指して取り組んできました。
今日は多くのボランティアの方々もお手伝いに来て頂きます。よろしくお願いします。
天気も良さそうですし、皆様のお越しをお待ちしております。

DFF前日 

中学生が職業体験にきました。

今年も、宮原中学校から4名の学生さんが職業体験としてデイサービスで働いてもらいました。

初日には、2日間淀川暖気の苑の職員となる為、辞令式を行いました。

52932

初めは、緊張も見られましたが時間が経つにつれ、段々とデイサービスに溶け込んでいってくれていました。
利用者様も若いエネルギーを貰っておられました。

11月は、十三中学校の学生さんが職業体験で来る予定です。

南京玉簾で驚き、腹話術で笑う日

毎年恒例となりました南京玉簾・腹話術を敬老の一環としてボランティアで来て頂きました。

会場では歓声・笑い声・合いの手などで盛り上がり、和やかな時間を過ごして頂きました。

93768

やはり笑うことは、すばらしいことですよね。

世代間交流〜保育園児慰問〜

今年も、敬老・世代間交流の一環として当施設の前にあります木川第1保育所の5歳児が遊びに来てくれました。

運動会で踊った鳴子を使ったよさこいダンスや、利用者様一人一人と一緒に手遊びをして笑顔の絶えない時間を共有して頂きました。

28580

まだまだ敬老の行事続きます‼︎

災害時相互応援協定 第3回 実働訓練

現在、淀川区と西淀川区にある大阪市老人福祉施設連盟の加盟施設が合同で災害時相互応援協定を締結し、定例会を行っています。
その中で、10月13日に西淀川区にあります「特別養護老人ホームルーチェ千船」様の施設にて実働訓練を行いました。
内容は、災害時、どのようにして区内で協力していくか。そして、両区がどのように助け合っていくかを淀川区・西淀川区の地図を確認しながらシュミレーションを行いました。

18394

防災は、日々の積み重ねです。当施設内でも防災意識を高める研修や訓練を実施中です。

学術研究発表会に向けた勉強会を行いました。

当施設の属している平成医療福祉グループでは、毎年学術研究発表を行っております。
今年度は、当施設(淀川暖気の苑)から20演題を出し、6演題(特養(2演題)・看護・海萌・グループホーム・小規模)が選ばれました。
演題発表は6月に淡路島にあります淡路夢舞台国際会議場にて行われました。
その参加者の中から、3演題が先日行われた日本慢性期医療学会(仙台)でも発表する機会を頂きました。

そして、今回(9月27日)は来年度の学術研究に向けた取り組みとして、協力病院の豊中平成病院 新井副院長に講義をして頂きました。
『研究発表のコツ』という題名で、パワーポイント作成のコツから発表方法の基本について教えて頂きました。

66817

取り組みの内容は、環境改善から利用者支援方法など各部署いろいろな取り組みを挙げ、現在進行中です。