【歩笑夢】舞洲にドライブに行きました。

【歩笑夢】舞洲にドライブに行きました。

利用者さんの調子が良かったことや、天候も良かった為、舞洲にドライブに行きました。
ドライブは定期的に行っていますが、視力(視覚)が不自由な利用者さんも居られますので、『視覚以外の感覚で何かを感じてもらいたい』『楽しんでもらいたい』と考えて、『少しの時間でも下車できる場所!』として舞洲を選びました。

自宅でドライブに行かれていた記憶を思い出しているのか、『ドライブ』という職員の言葉に反応して、午前中から「ドライブ」と何度も言われ待ちきれない様子の利用者さんもいれば、「どのにいくの?誰と行くの?何しに行くの?」と、イレギュラーなイベントに確認行動をされる利用者さんなど、皆様行くまでに様々な反応がありました。

到着して車から降りると、車椅子の上で足をバタバタして楽しそうに大きな声を出される利用者さんや、「何か匂い(海の匂い?)する」と話す利用者さんや、体を左右に揺らしながら楽しそうに歩く利用者さん、「海見えた!ボート見えた!」など景色を楽しむ利用者さん等、皆さん感じ方は様々でしたがドライブを楽しみました。

現在歩笑夢では七夕に向けて、七夕の飾りつけの制作活動も行っています。