くるむプロジェクトのご紹介

今年度より関西中央福祉会は新しいプロジェクトをスタートします。

「くるむ」プロジェクトは、当法人が運営する障がい者支援施設の創作活動で生まれた個性豊かな表現を、様々な「カタチ」や「方法」で社会に発信するプロジェクトです。

現在、わたしたち関西中央福祉会では、毎週土曜日にポレポレクラブにて活動している「DANKE STUDIO」や、たがわ福祉センター海萌での陶芸活動など、障がいのある方の表現や創作の支援に力をいれています。

2019年4月に完成予定の新しい就労支援施設も「ものづくり」をテーマにしています。

これらの活動から生まれた表現を、商品や展覧会といった「カタチ」や「方法」で発信していきます。

続きを読む

陶芸活動のご紹介

今回は海萌で行っている陶芸活動についてご紹介します。

陶芸活動は毎週月曜日~木曜日の午後に1日6名前後、全員で17名の方が参加しています
平成29年4月に活動内容をリニューアルし、利用者さんもスタッフも一緒になって驚きや失敗を重ねながら、ゆっくりと経験を積み重ねています。

陶芸を楽しみにしている利用者さんも多く、中には毎日参加されている方もいます。

プログラムによっては作るものが決まっていることもありますが、プログラム通りにしなくても大丈夫。基本的には利用者さんのイメージを1番に尊重し自由に作ってもらっています。「これが作りたい!」という気持ちに精一杯お応えしています。

続きを読む

DANKE STUDIO(ダンケスタジオ)のご紹介

DANKE STUDIO(ダンケスタジオ)

ダンケスタジオは、ポレポレクラブやグループホームをご利用の方を対象に、余暇活動として毎週土曜日にポレポレクラブで行っている表現活動の時間です。

一人ひとりに合った素材等を提案し、自由に絵を描いたり、スタッフと一緒に作品を制作したりしています。ダンケスタジオは利用者さんの好きなことや得意なことを伸び伸びと表現できる場所でもあります。

参加して頂いている方を少しだけご紹介します。

続きを読む

淀川地域障がい者就業・生活支援センター・淀川区障がい者相談支援センターえんじょい・地域生活支援センターすけっとのご紹介

淀川地域障がい者就業・生活支援センター

淀川地域障がい者就業・生活支援センターは、関西中央福祉会が大阪市より委託を受けている相談機関です。

障がいのある方の、働きたいや就職活動をどのように進めていけばいいか、就職のためにまずは訓練を受けたい、など就労に関する様々な相談を受けています。

あくまでも相談を受ける機関であり、ハローワークのようにお仕事の紹介はできませんが、働くことや困っていることの解決のためにお手伝いをしています。

続きを読む