DANKE STUDIO(ダンケスタジオ)のご紹介

DANKE STUDIO(ダンケスタジオ)

ダンケスタジオは、ポレポレクラブやグループホームをご利用の方を対象に、余暇活動として毎週土曜日にポレポレクラブで行っている表現活動の時間です。

一人ひとりに合った素材等を提案し、自由に絵を描いたり、スタッフと一緒に作品を制作したりしています。ダンケスタジオは利用者さんの好きなことや得意なことを伸び伸びと表現できる場所でもあります。

参加して頂いている方を少しだけご紹介します。

この方は文字や日付に強いこだわりがあり、「大阪市」「平成」「春夏秋冬」など、新聞やカレンダーでよく見られる文字を画面いっぱいに表現します。
この方は線にこだわりがあり、納得がいく線を描けるまで何度も描き直します。
バイクが好きで、窓をトレースボックス代わりに使い、過去に描いた原版にアレンジを加えながら新しいバイクを量産しています。
この方は猫が好き。にゃーと言いながら猫の本を観てキャンバスにたくさん猫を表現します。
描き終わったらキャンバスの左下に自分の名前を必ず書きます。

この方は長年にわたり、女性の肖像と思われる絵を描き続けていましたが、最近は新たなモチーフも登場したり、隙間なく丁寧に色を塗りつぶす表現も出てきました。

毎週のダンケスタジオを楽しみにしている利用者さんも多く、表現活動の時間が楽しくなるようにスタッフも工夫をしています。