お知らせ

【ポレポレクラブ】新型コロナウィルス(COVID-19)感染防止対策

大阪では新型コロナウィルス(COVID-19)の感染者数が増える中、当法人でも感染防止対策に日々奮闘しております。
現在、幸いにも当法人では新型コロナウィルス(COVID-19)の感染者は認めておりません。
いつ、感染者が出てもおかしくないという危機感の中、感染防止対策を行っております。
障がい部門での対策(取り組み)を紹介します。

メンバーさんや職員手洗い、うがい、手指消毒、作業所から帰ってきた際はすぐに着替え、定期的換気、不特定多数が触るドアノブ等の頻回な消毒、車中消毒など、可能な限りの対策を行っております。

以前より使い捨てマスク着用の練習を行ったことがありますが、上手く使用できるメンバーさんも居られますが、引っ張ってちぎってしまうメンバーさんもおられ、全員のマスク着用を断念している部分もありました。

交換用のガーゼマスクの準備も出来たので、破損してしまう事を覚悟の上で再度メンバーさんにマスク着用のチャレンジを行いました。

あれ・・・?
ガーゼマスク外すメンバーさん殆ど居ない。
引っ張ってもちぎれない。ガーゼマスクって意外に強い事が発覚。

マスク着用を頑張っている事を、誉めると嬉しそうされるメンバーさん。

つい鼻や口を触ってしまうメンバーさんにはマスクを着用する事で、鼻や口を直接触る機会がかなり減ったことも分かりました。
この機に、感染対策を見直し引き続きしっかり行っていきます。