コロナに負けないぞ‼ ~GH~

皆さんいかがお過ごしでしょうか?
当法人はコロナウィルス感染予防対策に取り組み、感染者は現在出ておりません。

感染予防対策として、毎日取り組んでいること
(朝起きたら)
・毎日熱を測る
(日中活動参加時)
・マスクの着用
(日中活動から帰ったら)
・手洗い
・うがい
・着替え
(定期的)
・消毒
・換気

また、紙芝居形式で視覚的に分かりやすくコロナウィルスについて説明し、『なぜ、手洗いが必要か?マスクをしないといけないのか?』などを理解して頂くような取り組みも行いました。

その甲斐あってか、毎年ゴールデンウイークには実家に帰られ、毎日電車に乗って日帰り旅行をされる自閉症の利用者様も、親御さんに電話され「今年は帰らない。」と連絡があったと親御さんから電話を頂きました。

そして、日中活動を休まれている利用者様もグループホームでスケジュールに沿った取り組みに励まれています。

課題1:ねぎま

課題2:箸の袋入れ

課題3:箱作り

そして、作業が終わると20分の休憩はキッチンタイマーを使用しています。

誰もが今まで経験をしたことのない毎日を過ごす中で、見通しが立たず調子を崩される方もおられます。
支援として、
臨時で精神科に受診し、今の思いを主治医にお話しして処方薬の変更をされる方
何十年と親御さんと行ってきた取り組みを職員に変更して、徐々に落ち着きを取り戻される方

みなさま頑張られておられます。
ご理解・ご協力よろしくお願いいたします。

【ポレポレクラブ】新型コロナウィルス(COVID-19)感染防止対策

大阪では新型コロナウィルス(COVID-19)の感染者数が増える中、当法人でも感染防止対策に日々奮闘しております。
現在、幸いにも当法人では新型コロナウィルス(COVID-19)の感染者は認めておりません。
いつ、感染者が出てもおかしくないという危機感の中、感染防止対策を行っております。
障がい部門での対策(取り組み)を紹介します。

メンバーさんや職員手洗い、うがい、手指消毒、作業所から帰ってきた際はすぐに着替え、定期的換気、不特定多数が触るドアノブ等の頻回な消毒、車中消毒など、可能な限りの対策を行っております。

以前より使い捨てマスク着用の練習を行ったことがありますが、上手く使用できるメンバーさんも居られますが、引っ張ってちぎってしまうメンバーさんもおられ、全員のマスク着用を断念している部分もありました。

交換用のガーゼマスクの準備も出来たので、破損してしまう事を覚悟の上で再度メンバーさんにマスク着用のチャレンジを行いました。

あれ・・・?
ガーゼマスク外すメンバーさん殆ど居ない。
引っ張ってもちぎれない。ガーゼマスクって意外に強い事が発覚。

マスク着用を頑張っている事を、誉めると嬉しそうされるメンバーさん。

つい鼻や口を触ってしまうメンバーさんにはマスクを着用する事で、鼻や口を直接触る機会がかなり減ったことも分かりました。
この機に、感染対策を見直し引き続きしっかり行っていきます。